雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>神話・人物部>後鬼

後鬼(ごき)

後鬼

○撮影場所: 岐阜県高山市 秋の高山祭行神台
前鬼と後鬼の違いは持物で決まる。

■概要
役小角に使役される鬼の1体。前鬼とは夫婦にあたる。 大和生駒山にて教化されて以来、後鬼と共に役小角の手足となって 働いたという。
水瓶を持つのは、説話にある水を汲ませたことに由来するか。

■特徴
・鬼の姿
・ほぼ必ず役行者前鬼とのセット
・水瓶を持つ
・彩色がある場合、青緑

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.