雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>象

象(ぞう)

象

○撮影場所:栃木県日光市 日光東照宮上神庫(妻飾り)
○制作年代:寛永13(1636)年
狩野探幽下絵の「想像の象」。蔵と象の語呂合わせ。
※もう一体の想像の象はこちら
・象の姿:象百態

■概要
哺乳綱ゾウ目ゾウ科。陸に棲む哺乳類では最大の動物。アフリカ種・インド種に分類。
日本には生息していないが、仏教伝来以降、馴染みのある動物である。

■特徴
◎装飾彫刻では獏と見間違え易いが、三日月形の眼、大きな耳で判別できる。
・鼻が長く、目が小さい(三日月形)、牙を持つ
・類似:

■来歴
陸に棲む哺乳類最大の動物。日本では「きさ」と呼ばれた。
日本にはもともといない動物で、仏教の知識とともに伝来したかと思われる。 普賢菩薩の乗物として有名であり、法隆寺金堂に描かれた姿が日本における象の最古であろうか。
その他涅槃絵などでも描かれるが、単体で描かれた著名な例として、鳥獣戯画が挙げられる。 しかし実際見たものはおらず、江戸時代、徳川吉宗(1684〜1751)に象が献上されるまで、想像で象が描かれたり、 彫刻されたといってもいいだろう(但し、象は室町時代に一度来日している)。

■意味
中国では「象」の音が「祥」に通じることから、吉祥の象徴とされている。
その巨大さからか、聖地守護の意味が考えられる。

出典・参考

・『延喜式』巻二十一 治部省 祥瑞 上瑞(『国史大系』26)
「白象 その形、皎身にして六牙。」

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『中国五福吉祥図典 喜』

象百態

場所 形状・部位 年代 備考
宝塚市中山寺 装飾絵画 1603年
金沢市長田菅原神社 木鼻彫刻 1643年
京都市毘沙門堂門跡 木鼻彫刻 1665年
八王子市薬王院 欄間彫刻 1729年
金沢市野村家 欄間彫刻 明治以降?
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.