雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>蜃

蜃(しん)

蜃

○撮影場所
富山県富山市八尾曳山祭東町山
○制作年代:寛政年間(18世紀末)

形は蛤(はまぐり)であるが、幻を吐き出しているので蜃とみる。
日光東照宮では龍の姿をした蜃がいるので注意したい。

■概要
蜃気楼(しんきろう)を吐き出すという、伝説の動物。
その姿は大蛤と言われるが、『和漢三才図会』では『本草綱目』 の引用で、龍の仲間としている。

■特徴
◎蜃気楼(しんきろう)を吐き出す姿。
蛤と龍と2種類あり。

■参考
・『図説社寺建築の装飾』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.