雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>鬼

鬼(おに)

邪鬼

○撮影場所:奈良県橿原市 久米寺金堂
建物の梁を支えるかのようにいた一体。角などは見当たらない。

■概要
伝説の動物。装飾彫刻では鬼・力士などと称される。
単体でいることはなく、梁を支えたり、灯籠や香炉を持っていたりと、 その力を発揮している。

■特徴
・単体としての装飾ではなく、必ずといっていいほど何かを支えている。
・支えるモノとして燈籠、香炉、建物の梁(はり)など多数。

■来歴
奈良県唐招提寺金堂の鬼を筆頭に、古くから梁や屋根の隅を支える存在 としていることが認められる。ただ、見にくい場所が多く、大分見落としがあるのではないかと 管理人は思っている。
その鬼の華は興福寺にいる天燈鬼・龍燈鬼像(国宝)である。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.