雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>蝸牛

蝸牛(かたつむり)

蝸牛

○撮影場所:富山県射水市 新湊曳山祭新町山(飾金具)
○制作年代:19世紀
組み合わせは朝顔。何らかの意味はあるのか?
・蝸牛百態:下記へ

■概要
軟体動物門腹足綱の有肺亜綱に属する陸生巻貝のうち、特に大型で 殻の概形に丸みのあるマイマイ超科のものをさす。
別名マイマイ、デンデンムシ等があり、方言を入れると多数。

■特徴
◎渦巻く貝殻を持ち、触覚を持った胴体を出す

■来歴
日本での蝸牛は身近な存在と捉えられ、平安時代末期『梁塵秘抄』には「舞え舞え蝸牛、舞わぬもの ならば 馬の子や牛の子に蹴えさせてん 踏み破らせてん 実に美しく舞うたらば 華の園まで 遊ばせん」と謳われている。
装飾で見る機会は少ない。

蝸牛百態

場所 形状・部位 年代 備考
高岡御車山小馬出町 飾金具
Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.