雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>鴨・雁

鴨 雁(かも がん)

鴨 雁

○撮影場所:京都市上京区 北野天満宮拝殿(蟇股)
○制作年代:慶長12(1607)年
組み合わせは波と沢潟(おもだか)。この姿では鴨か雁か見当はつかない。

■概要
鳥綱カモ目カモ科カモ亜科に属する鳥の総称。そのうち大きいものを雁、 小さいものを鴨とする。
装飾彫刻では水鳥(火伏の意味だろう)として見かける機会が多いが、 鴨と雁の明確な区別はつかない。ただ季語で見れば雁は秋、鴨は冬なので、 その周囲に彫られている草から見分けがつけられるかもしれない。

■特徴
◎彫刻では鴨と雁の区別はほとんど付かない
・ふくよかな胴体、長い首
・組み合わせ:水草 波
・季語:雁は秋、鴨は冬(これで見分けがつくかもしれない)

■来歴
中国清朝では雁が文官四品の印とされた。

出典・参考

・『古事記』上巻(倉野憲司 校注『古事記』岩波文庫 1963年)
(天若日子の葬儀の時、)河雁を岐佐理持(きさりもち)とし、鷺を掃持(ははきもち)とし、 翠鳥を御食人(みけひと)とし、雀を碓女(うすめ)とし、雉を哭女(なきめ)とし、 かく行なひ定めて、日八日夜八夜を遊びき。

・高藤晴俊『図説社寺建築の彫刻』
・『中国五福吉祥図典 禄』

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.