雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>装飾意匠図譜>霊獣・動物部>蜂

蜂(はち)

蜂

○撮影場所:富山県高岡市 高岡御車山祭小馬出町(飾金具)
○制作年代:文化6(1809)年
組み合わせは百合(ゆり)。

■概要
昆虫綱膜翅目に属する昆虫の総称(ただしアリ類を除く。)
毒を持つことから人間には恐れられる虫の一種だが、説話や昔話に 蜂が出てくる機会は多く、存在感がある。

■特徴
◎実際の蜂と姿は同じ。装飾で見る機会は少ない。

■補遺
東大寺法華堂秘仏執金剛神像の前のある灯籠には伝説 (執金剛神の髻〔もとどり〕の紐がちぎれて蜂となり、 平将門を刺し殺したという) にちなんで蜂の透かし彫りがされている。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.