雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>周時銘鼎篆(篆隷文体)

周時銘鼎篆(しゅうじめいていてん〔篆隷文体〕)

周時銘鼎篆

この書は保、壽(寿)、傳(伝)、福の字を周時銘鼎篆という形で書いてあるものです。 籀書に似た形です。 同時期のものでしょうか。
『篆隷文体』によると、小篆をかたどったものとあります。 この題からいくと、周王朝のときに作られた鼎(かなえ)に鋳込まれたもの と解することができます。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界