雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>小篆(篆隷文体)

小篆(しょうてん〔篆隷文体〕)

小篆

この書はキョウ(龍に共)、襲、乾、法の字を小篆という形で書いてあるものです。 篆書にしては筆の勢いがありますが・・・。
『篆隷文体』によると、秦の宰相李斯(?〜紀元前210)が、当時いろいろ あった書体(チュウ文なども含みます)を簡略化したりして統一したもの だとあり、史実でもおおむねそういわれています。 篆書の元祖、とでも言いましょうか。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界