雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>籀書(篆隷文体)

籀書(ちゅうしょ〔篆隷文体〕)

籀書

この書はチュウ、文、中、達の字を籀書という形で書いてあるものです。 装飾豊かといえばいいでしょうか。まさに雑体書というべきでしょうか。
『篆隷文体』によると、周の宣王(?〜紀元前782)が部下に命じて 書かせたとあります。また、漢の班固(32〜92)はこの書のことを 史書と呼んでいたといいます。 石鼓文(せっこぶん)などに用いられている書体です。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界