雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>虎爪書(篆隷文体)

虎爪書(こそうしょ〔篆隷文体〕)

虎爪書

この書は鸞、鳳、飛、翔の字を虎爪書という形で書いてあるものです。 草書体で書くとこのようなかたちになることはなりますが、 やけにうねりがあります。
『篆隷文体』には瑯ヤ(ろうや ヤは王へんに邪)王僧虔なる人が 龍爪書をもとにつくったとあります。 確かに、龍爪書と比べるとどっちがどっちかわからなくなります。
このうねりは雑体書を見るうえでとても大事です。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界