雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>鸞鳳書(篆隷文体)

鸞鳳書(らんほうしょ〔篆隷文体〕)

鸞鳳書

この書は鸞、鳳、?、翻の字を鸞鳳書という形で書いてあるものです。 これを文字として認識できるか?鳥書と何が違うのか?
『篆隷文体』によると、官名に鳥というのがあって、それに ちなんでつくったとあります。鳳凰と鸞という伝説の鳥 の組み合わせ、瑞兆ということでしょうか。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界