雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>鳥書(篆隷文体)

鳥書(ちょうしょ〔篆隷文体〕)

鳥書

この書は鳥、?、?、翔の字を鳥書という形で書いてあるものです。 果たしてどうやって読めばいいものか、推測が付きません。
『篆隷文体』には、赤い雀が集まった様子を基に書いたとあります。 赤い雀は朱鳥のことと思いますが、これは瑞兆(めでたいしるし) のひとつです。つまりはめでたい文字ということです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界