雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>科斗書(篆隷文体)

科斗書(かとしょ〔篆隷文体〕)

科斗書

この書は科、斗、浮、游の字を科斗書という形で書いてあるものです。 よく見てみますと、おたまじゃくしのような・・・。
実際、おたまじゃくしをかたどっています。
『篆隷文体』によると、古文篆を装飾したものとありますが、 実際は定かではありません。古文篆は文字の最初という説明に 従うなら、早くからあった書体であるということがいえる かもしれません。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界