雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>書の風景>寺院の書>吉野山銅の鳥居

吉野山発心門〔銅の鳥居〕(奈良県吉野町)

吉野山

○データ
・書:発心門(ほっしんもん)
・筆者:伝説では弘法大師空海
     (774〜835)

○みどころ
見ての通りの雑体書、何者かがうごめいているような表現です。 雲書のようにも見えますが、なにやら荒々しい。 「門」は雑体書では足を踏ん張るかの表現が多いですが、ここでもそれに違わず 踏ん張っているかのよう。「心」は渦巻くような姿。
ここは吉野山の第一関門、神仏に帰依する心をここで 起こして、先を行くのです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界

吉野山の書
奥千本石柱