雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>薬師寺本堂

薬師寺 本堂(石川県金沢市)

薬師寺

○データ
・書:薬師堂

○みどころ
いわゆる雑体書で書かれたもので、どの字も起筆・終筆が誇張された 書き方となっています。「薬」の字の左右払い部分と「堂」の冠部分など はほぼ同じ姿。普通には書かない書き方だからこそ目立ちます。
特に見るべきは「師」の1,7画。起筆部分が鳥の頭を、送筆、終筆部分に かけて鳥の身体を形成しています。これこそ雑体書の醍醐味、絵なのか書なのかという 危うい境目を行き来する姿です。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界