雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>瑞華書(篆隷文体)

瑞華書(ずいかしょ〔篆隷文体〕)

瑞華書

この書は祥、気(氣)、精、華の字を瑞華書という形で書いてあるものです。
『篆隷文体』には、中国南北朝時代、斉の永明3(485)年の 2月にできたとあります。ちょうど『篆隷文体』ができるころの ものとなります。瑞華、つまりはめでたい花を基にして書いた ものということです。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界