雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>虎書(篆隷文体)

虎書(こしょ〔篆隷文体〕)

虎書

この書は虎、長、山、丘の字を虎書という形で書いてあるものです。 そう見えなくもありませんが、少々無理があります。
『篆隷文体』には、中国周の時代、文王が行幸の折の 経験を基に作ったとあります。 虎も瑞兆(めでたいしるし)なので、めでたいものとして つくったのだと思います。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界