雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>転宿星篆書(篆隷文体)

転宿星篆書(てんしゅくせいてんしょ)

転宿星篆書

この書は転宿星篆書という形で書いてあるものです。 なんと書いてあるかはわかりません。 ただ、星の形にみえる部分があることは確かです。
『篆隷文体』には宋(420〜477)の時代につくられたとあります。 星をどのように考えているか。それを突き止めようとすると 果てがありませんが、見ていると神聖感が漂う、そんな 気がします。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界