雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>天竺書(篆隷文体)

天竺書(てんじくしょ〔篆隷文体〕)

天竺書

この書は遠、帰(歸)、聖、徳の字を天竺書という形で書いてあるものです。 どうすればそうみえるか?『篆隷文体』にはこのように あるので、今はそれに従うしかありません。
『篆隷文体』には、梵王がつくったものとあります。天竺とは インドのことですから、インドの文字を漢字表現につかった ものかと思います。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界