雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>象形篆(篆隷文体)

象形篆(しょうけいてん〔篆隷文体〕)

象形篆

この書は鐘、?、?、因の字を象形篆という形で書いてあるものです。 このパターンのものは、ただただ『篆隷文体』に従うしかありません。
『篆隷文体』によると、中国夏王朝の時に書かれたものだとあります。 しかし、夏王朝自体が伝説なので、どこまで信憑性があるかというと 疑問です。また、象形というからには何かをモデルにしたのでしょうか。  

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界