雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>署書(篆隷文体)

署書(しょしょ〔篆隷文体〕)

この書は雲、龍、神、虎の字を署書という形で書いてあるものです。 扁額にありそうな感じさえします。
『篆隷文体』によると、漢の高祖の時代、粛何が定めた ものだといいます。
篆書の変形と見るべきでしょうが、なかなか定めにくい、 なので雑体書というしかないのですが。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界