雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>仙人書(篆隷文体)

仙人書(せんにんしょ〔篆隷文体〕)

仙人書

この書は上、仙、永、古の字を仙人書という形で書いてあるものです。 人文字、ただそうとしか言いようがありません。
『篆隷文体』によると、仙人の姿を基にして書いたとあります。 実物は見たことがありませんが、富岡鉄斎(1836〜1924) が、このような書を書いています。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界