雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>散隷書(篆隷文体)

散隷書(さんれいしょ〔篆隷文体〕)

散隷書

この書は斐、尾、遥、ショウの字を散隷書という形で書いてあるものです。 非常にわかりやすい姿ですが、この刷毛目のようなものは?
『篆隷文体』によると、飛白と同じ書き方だとあります。 飛白も刷毛で書きますから、やはり刷毛目となります。
このような姿は、正倉院の篆隷屏風に似たようなものがあります。  

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界