雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>龍書(篆隷文体)

龍書(りゅうしょ)

龍書

この書は龍、風、交、扇の字を龍書という形で書いてあるものです。 これはどう見ましょうか。ただの龍の 絵にしか見えないです。
『篆隷文体』には、中国神話の時代、伏羲(ふっぎ)が龍を見て、 それを基に文字を作ったとあります。
龍は瑞兆(めでたいしるし)、かつ、のちには皇帝の象徴と なる動物ですから、このような字体があっても不思議では ないかもしれません。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界