雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>鬼書(篆隷文体)

鬼書(きしょ〔篆隷文体〕)

鬼書

この書は業、?、所、?の字を鬼書という形で書いてあるものです。 体裁の整った形ですが、硬い感じがします。
『篆隷文体』によると、宋の元嘉19(442)年に書かれたもの とありませんが、詳細は記されていません。 なぜ鬼の字をあてるのか?中国では鬼は日本で言う鬼と意味が 違うらしいのですが。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界