雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>鵠頭書(篆隷文体)

鵠頭書(こくとうしょ〔篆隷文体〕)

鵠頭書

左の書は招、召、有、道の字を鵠頭書という形で書いてあるものです。 抽象的な鳥がいる感じです。
『篆隷文体』によると、偃波書と同じく、石板に使ったものだといいます。 このかたちが鵠(くぐい)という鳥の頭に似ているからこの名があります。
空海(774〜834)もこのような書き方をしてます。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界