雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>刻符書(篆隷文体)

刻符書(こくふしょ〔篆隷文体〕)

刻符書

この書は皇、帝、壽(寿)、昌の字を刻符書という形で書いてあるものです。 これは果たしてそう見えるか。 『篆隷文体』の注に従うしかありません。
『篆隷文体』によると、印璽(いんじ)に使われたものとあり、 秦始皇(紀元前259〜紀元前210)の時代以降も使われたとあります。 また、一説には漢字のはじまりにも関連するといいます。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界