雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>亀書(篆隷文体)

亀書(きしょ〔篆隷文体〕)

亀書

この書は洛、ゼイ(さんずいに内)、出、図の字を亀書という形 で書いてあるものです。
さんずいはわからなくもないですが、ほかは全然わかりません。 ただ、そう書いたとあるので、これに従うしかありません。
『篆隷文体』には、軒轅(けんえん 中国三皇五帝時代の黄帝) が霊亀を見て、それを基に書いたとあります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界