雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>気候直時之書(篆隷文体)

気候直時之書(きこうじきじのしょ〔篆隷文体〕)

気候
直時之書

この書は順に子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥、 と気候直時之書というかたちで書かれたものです。
見てのとおりですが、十二支です。しかも、文字というより 動物の形そのままです。
『篆隷文体』には、漢の文帝(前202〜前157)の時代 に司馬長郷なる人が書いたものだといいます。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界