雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>懸針篆(篆隷文体)

懸針篆(けんしんてん〔篆隷文体〕)

懸針篆

この書は懸、針、精、微の字を懸針篆という形で書いたものです。 典型的な篆書の変形として窺えるかたちです。 まるで画が針のようになっているので、このような 名称になったのでしょう。
『篆隷文体』には、漢の曹喜という人が、五経の編目を題する ときに、これを用いたとあります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界