雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>蟲書(篆隷文体)

蟲書(ちゅうしょ〔篆隷文体〕)

蟲書

この書は蟲、蚕、婉、轉(転)の字を蟲書という形で書いてあるものです。 どうみても蚕が絡んでいるだけの姿にしか見えません。 もし、これを蚕と考えるなら、絹を生み出す虫=貴重=珍しいということで 用いられたのかもしれません。
『篆隷文体』には、魯の国の秋胡の妻という人がつくったとあります。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界