雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>複篆書(篆隷文体)

複篆書(ふくてんしょ〔篆隷文体〕)

複篆書

この書は大、篆、重、沓の字を複篆書という形で書いてあるものです。 複篆書という名のとおり、同じ文字が二回、縦か横かに重ねてあります。 大は縦に、そのほかは横に重ねています。中心に線を引いてみると わかるかと思います。
『篆隷文体』には漢の武帝(前156〜前87)が用いたとありますが、 確かな根拠はありません。

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界