雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>行書(篆隷文体)

行書(ぎょうしょ〔篆隷文体〕)

行書

この書は微、變(変)、體(体)、勢の字を行書という形で書いてあるものです。 行書といえば、今ではポピュラーなスタイルなので、この姿を見ても違和感はないと思います。
『篆隷文体』によると、三国志の魏(220〜265)の時代、鐘ヨウに よって書かれたとあります。
当時書家としても名だたる存在でしたので、こう書かれても無理はありません。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界