雄峯閣 ―書と装飾彫刻のみかた―

ホーム>書の間>雑体書の世界>伝信鳥書(篆隷文体)

伝信鳥書(でんしんちょうしょ〔篆隷文体〕)

伝信鳥書

この書は幡、旗、傳(伝)、信の字を伝信鳥書という形で書いてあるものです。 まだ、わかりやすい文字の姿をしています。
『篆隷文体』によると、鳥の頭をかたどっているからこの名があるとあります。 起筆と収筆部をみてみますと、確かに鳥の頭に見えます。 ただそれだけの強調で、文字の見え方も変わります。   

Copy Right©YUHO-KAKU All Rights Reserved.

書の間

書の風景

書のみかた

雑体書の世界